メインイメージ

売り切りについて

中古車オークションの売り切りについて

中古車オークションの売り切りについて理解するためにはまず中古車オークションの基本的仕組みについて理解することが必要です。中古車オークションとはその名の通り中古車が販売されているオークションのことですが、最近ではインターネットを利用したものが一般的です。現在多くの場所で開催されており、一般の方が参入できない業者間専用の中古車オークションも存在します。出品される人も様々で、買取専門店で買い取られた車両の他、ディーラーで下取りされたもの、不良在庫品なども売られています。

これらの中古車を落札される人、いわゆるバイヤーも多彩で、中古車販売店はもちろん、ディーラーやブローカー呼ばれる人などがいます。誰でも参加できる場所もあれば古物商の認可が必要となるもの、業者専用の中古車オークションの場合会員制のものが多くあります。

その際は会員でなければ競りに参加できないのはもちろん、会場に入ることもできないので、どのような自動車がどのような価格で取引されているのも確認することはできません。

会員になるための申し込みには不動産等の担保が必要になりますが、口利きで通ったりする場合もあります。なじみの業者の名前を名乗った個人ブローカーなども参入することも多く、一般的に情報が開示されないシステムでもあります。

売り切り価格というのは在庫があと一つしかないという意味で「これが売れれば同じものを同じ値段で販売することはない」という場合に用いられます。これらの中古車オークションでは一般的なオークションと同じように最低落札価格を設定することが可能ですが、これを設定します。この売り切り価格の設定は素人に判断することは難しく高く設定してしまうともちろんバイヤーなら入札してもらうことができません。

売り切り価格が低いとその分多くの人に注目されることになり、広告を打つような効果も大いに期待できます。このため多くの不安は残りますが皆その値段で売れては困るというくらい低い価格で設定されることが多いです。

売り切りが表示されれば様子を見ていたバイヤーが参入してくるはずです。中古車オークションで落札した車を落札者が乗るということは非常に稀で大抵の場合は転売されます。このため多くのバイヤーは安い車であればいくらでも落札しようとします。

ただし中古車オークションは多く存在しており、またオークションサイト内にも多くのコーナーがあり、一般車以外に外車コーナー、改造車コーナーなどがあげられます。中古車オークションを利用するためにはこれらの情報を賢く利用する必要があります。

最近の投稿